WordPressプラグインのアンインストール方法

130124

WordPressを彩るプラグインですが、似た機能を持つプラグインと入れ替えたり、サイトリニューアルに伴って選別することもあり、アンインストールすることも少なくありません。ここでその方法を確認しておきましょう。




プラグインが望みの機能を果たしてくれない。似たプラグインに変えたい。使っていないプラグインをすっきりしたい。そんな時プラグインをアンインストールすることがあります。

ただ、むやみにアンインストールしてしまうと、思わぬトラブルが発生することもあります。アンインストールの際は、問題が起きないようきちんと確認することが重要になります。

アンインストール前の注意事項

プラグインをアンインストールする時は以下を確認することオススメします。

  • アンインストールの指示
  • インストール時の変更箇所
  • プラグインの停止

テンプレートファイルにタグやコードを追加するプラグインや、WordPress管理ファイルに変更を要求するプラグインがありますので、念のため、プラグイン作者からアンインストールについての指示や記述がないか都度確認しましょう。

プラグインの注意点を確認する

ダッシュボードの左メニュー「プラグイン」の「インストール済みプラグイン」をクリック

ダッシュボード
プラグインの説明欄「プラグインのサイトを表示」をクリック

プラグインのサイトを表示
プラグイン作者のサイトが表示されますので、アンインストール(uninstall)という記述がないか確認します。

プラグイン作者のサイト アンインストールの指示
作者から指示がある場合はその通りに従って作業を進めましょう。
ちなみに、これは「WP Multibyte Patch」という日本向けのプラグインのため日本語で確認できますが、ほとんどのプラグインは英語なのでご注意ください。

また、アンインストールの指示がなくても、インストール時に何らかの変更を加えている場合もあります。年月が経過すると思い出すのが難しいので、変更が必要なプラグインをインストールする際は、アンインストール時の要注意プラグインをメモしておくと安心です。

プラグインのアンインストールで注意点がないかブログ記事やページを検索して確認するのも一つの手です。

プラグインを停止する

有効化になっているプラグインはアンインストールできませんので「停止」をクリックしておきます。

プラグインの停止 プラグインの停止完了

アンインストール方法

停止になっているプラグインには「削除」リンクが表示されていますのでクリックしてください。

プラグインの削除
プラグインの削除画面に移りますので「はい、これらのファイルを削除します」をクリックします。

プラグインの削除確認
ちなみに、プラグイン名の左側のチェックボックスをクリックすれば、複数のプラグインを一度に削除できため「これら」という表現なのでしょう。

プラグインの一括削除
プラグインリストから名前が無くなっていればアンインストール完了です。

プラグインの削除完了
インストールと同様にFTPソフトを使ってサーバーから直接プラグインを削除する方法もあります。普段から行っている人は多くないと思いますので、サーバーからも直接削除できるということだけ覚えておいてください。


コメントを残す

コメントの更新情報

トラックバックURL: http://wp.kobe-beauty.co.jp/plugin-uninstall/trackback/